一定期間更新がないため広告を表示しています

サンクルで久々のライブでした。

来てくださったみなさま、共演のみなさま、スタッフのみなさま、

ありがとうございました。



今日のライブで改めて思ったけど、

ライブをするとゆうことは、

その場にいる人々の空間や時間を預かるとゆうことだった。


見てくれている限りは、

演者はその人たちに自分の気持ちを言うことができる

わたしはこうゆう思考である

とゆうことを発表できると言ったほうがいいのか。

それは音楽の歌詞でもメロディでも演奏でも、もちろんMCでも。

伝わるか伝わらないかは、受け取り方次第。

わたしのことを好きな人でもそうじゃない人でも、

知ってる人でも知らない人でも、

空間を預けてくれている(とゆうかわたしのはなしを聞いてくれている)から

その中で少しでも多くの人に

「伝わればいい」

と思って、わたしたちはライブをしているわけです。



アーティストと呼ばれる人がよく言う、

「人に自分の気持ちを伝えるのがヘタで、音楽をつくることがはけ口となった」

とゆうようなことを耳にしたりするけど

わたしもその類なんだと思う。

全てでは勿論ないけど、少なからずある。


例えば、本当は寂しいだけなのに相手に怒ってしまうとか

家族や恋人など近しい存在の人に喧嘩腰になってしまうのは、

幼稚だなと思いながらも不器用なんだなとも思う

その不器用でやりきれない想いを、

良くも悪くも歌にできるのは、ありがたいことだと思うわけで。

そうゆうのを器用にうまく伝えられていたら、

曲をつくったりはしなくてもいいのかもしれない



だから、か

幸せな時は曲がかけないし、

辛い時こそ曲が生まれたりする




そして冒頭に戻るけど、

ライブとは空間を預かることなので、

そうゆうやりきれない想いを聞いてくれる人がいるのは

さらにありがたいことだ。


しかもそれを

好き

と言ってくれる人がいるとゆうことは


認めてもらえた!!!


とゆう悦びになる。


だからやめられないのですよ。



てゆうことを考えていたら、

音楽やってる人の中で

バンドでももちろん、自分の気持ちを書いてる

とゆうボーカリストもいると思うけど、

シンガーソングライターでソロで弾き語りしてオリジナル曲を歌ってる人が、

しかもインディーズでやってる人が、

実は一番のド変態なのでは?

とゆう思考にたどり着いたのであります。


そう思いません?




だから


いつも山崎アヤのライブに来てくれるみなさん、

応援してくれてるみなさん、

見守ってくれているみなさん、


ド変態に付き合ってくれてありがとう




てね、、

なんのこっちゃ!、笑





でも本当に、いつもいつもありがとうございます。


独りよがりではない、感謝の気持ちを伝えられるように、



頑張っていくぞ。





アヤ




この動画も見てね

 
つくづくわたしは 優しい人たちに囲まれているなぁとおもう

その中で甘えて生きて

ぬるーくなってる自分にたまに危機感を覚える

だからといって

無理をすると

とたんにやる気がなくなってしまう

そうしてまたしばらくすると、

このままじゃいけないと

自らを奮い立たせるのだ



30歳という

年齢的には立派な大人になっても

わからないことはわからないし

どうしようもないときはどうしようもないこともある

これは決して 諦め ではなくて

今は 自然に身をまかせてみなさい

と、

神様なのかご先祖さまなのか自分の中の自分なのか わからないけど

きっと誰かが言っているんだと思う




ワンマンが終わって

もうしばらく時間が経っているけど

ようやく頭がすっきりしたのか

今日はなぜか過去の記憶を思い出すことが多かった

走馬灯のように 忘れていた事もふぁーーーーっと色んな事がよぎって

今日はちょっぴりセンチメンタルなかんじです



夜の静けさにサイレンが響きます





いろんな人に会いたい

今年はいろんなところに行こう

会いにいくよ













 
お盆に行けなかったお墓参りをこないだしてきました。



九月といえど昼間は27度くらいあった美瑛の丘で



母と二人で話をした。





母はやはり母である。



どんなに歳を取ったって母は母だし私は母の子だ。



普段話せないことを偶然の青い空とご先祖様が話させてくれた。



29年間凝り固まっていた何かが少し溶けた



本当にうちの家族は不器用な人たちばかりだ。









この世に生まれて息をした者には必ず死がやってくる



どうしても避けられないこと。



ある日叔母が突然事故で死んだ



死がこんなにも身近で突然やってくるものだと思ってなかった



「明日は我が身」



いつの間にかわたしの中に根付いた言葉だった



だからわたしは歌をまた始めた



以前より本格的に始めた



自分が弱いのを言い訳に本当にやりたいことをやれていなかった自分に



お尻を叩いてくれたのは皮肉にも叔母の死だった







才能がなくて愕然としたりするけど



周りが輝かしくて嫉妬したりもするけど



もう二度と後悔したくないから頑張るんだ。





昔自分がなりたかった姿に 半分くらいはなれてるだろうか。



それ以下かな、まだわかんないや





















本当は、ライブの告知をしようとしたのですが語ってしまった



スーパームーンだから許してね










告知はあした。



おやすみなさい。




 
今宵はスーパームーンですって。

薄雲かかったそれはスーパーなのかよくわからないけど

とりあえずまんまるとしていました。

満月の引力ゆえか

なんだか今日は内側な自分です。

満月が放つ力は本当に人間の身体に影響があるのかどうかはわかりませんがね。







今日は空色空間のリハをしてきた

実はクラップスのドーナツライブぶりに彼らに会った

東くんは夏仕様の髪型になっていたし

鳴海くんはなんだか楽しそうだった

リハはいつものごとく順調に進んだ

本番が楽しみだ。







そういえば19日はパークジャズライブの前に

長沼の夏祭りで歌わせていただくのだけど

それもすごく楽しみなのだ。

お祭りで歌うのははじめて。

お祭りの雰囲気がだいすきで、ひとりで行くけど十分に楽しめる自信あるな。

たっぷり堪能して来よう

わくわく。













なんでもない一日だと思っていても

よく見たら何か変化のある日だったってこともある

なんでもないと思っていても

重要なことに気づいていたこともある

なんでもないと言ってみても

本当は誰かに頼りたかったりする


この世の中は

言いたいことも言えないだけではないと思うのだよ、

ねぇポいズン






だから

「なんでもな…い、いや、あった」

ってなってみるのも

たまには悪くないんではないでしょうか。











と、思った満月の夜でした。










さいきんはまわりにハッピーがいっぱいです

誕生日だったり

恋人ができてたり

話聞くだけでどきどきしちゃう




7月も早いものでもう中旬

短い夏

思い切りたのしもうぴよ

 
シロツメクサは毎年見ているはずなのに



なぜだか今年は得に注目していて



小学校のとき、摘んで冠を作っていたなーなんて



なつかしさに浸るさいきんのわたしです。







ライブ前夜とゆうものはなかなか眠れないもので



いろいろ考え事(というほどのものでもないけど)していた。





さっきまで書きたい気分だったのに、おやどうした



指が進まなくなった





アレコレと 伝えたいこと 聞いてほしいこと 言いたいこと



ぶあーーーーーー  って溢れ出そうになると



さいきんなんかはSNSに吐き出したくなる。



でもどうだろう、そうゆうときの発言というのは、どうも人を不快にさせてしまう可能性があるではないか。



だからこっそりと深夜に、誰も見てないだろうと思ってブログを書くわたしは



そうとうむっつりなんだろうと思う。(え、)





結局書けないさね



本当に聞いて欲しいときには友達に話すしね



それでいいのだ







ところで体重が少し増えてしまった



過去最高の数字をたたき出した



「夏だから」痩せたいのにな



禁煙のせいかしら。





30歳を手前に



いろいろと、諦めてたことに挑戦したくなっているところだよ。



自分の中の「甘さ」は少し20代に置いていこう



まぁまだ9ヶ月あるけどね











外が明るくなってきました



寝ようか



あした、歌が届きますように。













わたしはいま悪戦苦闘している…!!!




どうもこんばんわ、やまざきです。



今年も雪祭りシーズンです。

と、思っていたら今日で終わりなんですね。


4年にいちどのオリンピックがはじまりました。

今夜は高梨沙羅選手が金メダルを獲るようです。(予言)

そういえば、中学生の時、吹奏楽部に在籍していたのですが

コンクールの課題曲というのがあって、4曲中1曲を選んで本番で演奏する。というルールなんですが

わたしが3年生の年はマーチで、(1年おきに課題曲がマーチになる)

実際コンクールではやらなかったけど、『K点を越えて』という曲があった。

そのK点とはまさしく、スキージャンプのK点のことで、

合奏中に顧問の先生がK点について説明していたことを思い出しました。

ひさびさに聴いたら懐かしいな。

ちなみにこんな曲


ちなみにわたしたちが実際にコンクールで演奏した課題曲は、『マーチ・グリーンフォレスト』

という曲です。

これね




ああ なつかしい。







ということで、なぜわたしがいま悪戦苦闘しているのかというと、

ワンマン用のフライヤーを作ろうとしているのですが

なかなかうまくいかない

というわけでして。

フォトショもイラレもつかえないわたしなので、

いったいどんなソフトを使って作るのかもよくわかっていません。

でもなんとかやってみるぜよ

木曜日までにつくるのが目標。

がんばる。。









つぎのぶろぐではライブのこと等をかきます!!




 
good morning!!!





きょうは 成人の日ですね。



新成人のみなさん、おめでとう!!



わたしは9年前に成人式に行ったな。はやいなぁ



若さって本当に無限の可能性を秘めてますよね



やりたいことがあるなら、あれこれ考える前にそれに向けて努力するべし!



大人になると、できる環境は自分で作れるけど、



あれこれ考えることが多くなって、なかなかできなくなってしまうことが多いからね。



でもこないだライブで言ったけど、わたしは25歳くらいから弾き語りを始めて、



遅いんじゃないか… とかって色々不安だったりしたけど、



今は本当にやっててよかったと思ってる!



色んな人たちに出会えて、たくさん刺激を受けて、



本当に幸せを感じる今日このごろです。



きっと何歳になってもはじめるのは遅くはないんだよね。





きのう、ともだちのバンド パレードパレードが



Music Revolution でグランプリをとったことがすごく嬉しくて。



若さがうらやましくもあるけど、でもがんばったんだなーって思ったらすごく感動した。



これからも頑張ってほしいな。


わたしもがんばるけどね!



パレパレ、日本一本当におめでとう!!











朝からとってもきぶんがいいね!





よし、きょうも一日がんばろう。





あとでライブ情報更新します。







いってきます!
二足の草鞋



とゆうことを否定する人も世の中にはいるけど

わたしは賛成。

とゆうより羨ましい。

きっと否定している人たちだって羨ましいんだ。









寝る間を惜しんで頑張ってるひともいるんだから

わたしがなまけてちゃあだめじゃないと思ったりもする。




時間はたくさんあるように見えて


過ぎたらあっとゆう間に感じるんだから。















やっと 本来のわたしらしくなってきた気がする



なんつって



それもどんなんだって言われたら わからないけど







何かの法則や規則に

いつのまにか縛られていたようだった

これもまた

何かのためになるだろう








今日こそはカメラの話でもしようかと思っていたんだけどな!




あしたにでも。


いや、わからない。








とりあえず

今日の日をおやすみ。

今日もがんばりました。

あしたも適度な感じでいきましょう








アヤ



眉間のしわを増やすより




笑いしわを増やすほうがいい










そんなん誰だってわかることでしょう。














時には泣きたい夜だって










いつかは笑えることを信じている。